COURSE SCHEDULE  |  RESULT  |  GALLERY  |  MAP  |  WEATHER  |  facebook  |  OSL.in  |  PLANET MARiMBA  |  HOME

関東ロードミニ選手権 RIDING SPORT CUP 2017 レギュレーション



関東ロードミニ選手権2017 RIDING SPORT CUPレギュレーションです。
レギュレーション発表後に変更等あった場合はその都度更新されます。
更新:2017.3.21

 

 

Mクラス 1.車体 /総合 追加、補足

10, エンジンマウントボルトの変更は不可。Lケースカバーのボルトの変更は可。

14, APE100(type-D)、NS-1、NS50-F/R、XR100-M/Rのエンジン関連部品以外の互換性を認める。

15, スイングアーム後端の、チェーンアジャスターボルトの不要部分の切除は可。

 

Mクラス 8.エンジン関連 補足

13, シリンダーベースガスケットの枚数変更は可。

 

Mクラス 9. 吸気関連 補足

8, (PE20/PC20/VM20)キャブレターボディの追加工は不可。

ただし、VM20に関しては、取り付けにあたってのスタッドボルト干渉部分の切削加工を認める。

※写真参照

 

SPクラス 4st車両規定 追加、補足

1, キャブレターボディの切削加工は認められない。ただし、TMシリーズの吸気側取り外し可能部分のみ可。(kurodayaファンネルKIT等)

純正のPD22に関してはチョークバルブの取り外しと当該部分の閉止処理を認める。

10, (チタンの使用は不可。)

関東ロードミニ選手権 SPクラス特別追加規則 追加

6,当特別規則は軽量ライダーのウエイト追加を減らし、体重のあるライダーのハンデを埋める事を目的とするだけでなく、2st車両の純正パーツ廃盤を受け、社外品使用時の性能差を試験的に確認する役割を担っている。 したがって本来ウエイトを搭載する必要のない2st=125kg/4st=128kg以上のライダーが追加のウエイトを搭載する行為は認められず、違反のあった場合はペナルティの対象となる。上記5,の改造範囲に関しては、戦力バランスを見ていずれか一方のみ可とする可能性がある。

 

 

インポートミニクラス 追加

2, また、フロントブレーキマスターシリンダーの変更は可。ただし、その場合のピストン径は1/2(12.7mm)以下とする。

 

 

 

 - - - - - - - - - - - - - -

関東ロードミニ選手権2017のレギュレーション(競技規則書)

PDF 
一括ダウンロードする (PDF/1.4MB)

HRCトロフィーGROM CupCBR250R DREAM CUPのレギュレーション、
最新情報についてはHRCのサイトをご覧ください。
お知らせHRCトロフィー、GROM cupは関東ロードミニ選手権R1〜R5で開催となります。
お知らせCBR250R DREAM CUPは 関東ロードR3、SS Killers!R1〜R3の全4戦となります。


 - - - - - - - - - - - - - -


追加または修正 最終更新:2017.1.21

■ 8. エントリーフィー(参加料金)の項:

CBR250R DREAM CUPの年間エントリーに関してはSS Killers!第1戦が開幕の為 SS Killers!規則を参照。(4月頃発表)

 

 - - - - - - - - - - - - - -


矢印エントリーに関してはこちらを御覧ください。
※年間エントリーは1/22(日)11:00〜開始です! ネットエントリーもOK)

※通常エントリーは1/26(木)から開始です!よろしくお願いいたします。

 - - - - - - - - - - - - - -


昨年からの変更点
追加、変更は基本的にアンダーラインが引いてありますが表現の修正などには無印となっています。
 

◻廃盤部品の対応
NSR-miniやNS50-Rのシリンダーベースガスケットやキャブレーター、ラジエター廃盤を受けて使用部品の規制緩和を行いました。

 

◻ SP17クラス廃止→SPクラスへの統合と、2stの改造範囲を変更
SP17クラスはここ数年不成立が続きSP-MIDクラスと混走になっていた為、SPクラスへ統合し全クラスへの参戦を可能としました。
加えて上記廃盤部品への対策と12インチ車両との戦力バランスを考慮し、試験的に改造範囲を変更しました。
また、この改造範囲をSP12の2st車両に乗る重量級ライダーにも適用し、近年のシリンダーやピストンの精度不足による2st車両間でのパワー差解消を試みました。

 

◻インポートミニのクラス分け
近年盛り上がりを見せているインポートミニですが、上級者とのレベル差が大きくなって来た為、SPクラス同様クラス分けを行い新規参戦者のエントリーをしやすくしました。

 

◻トライアウト、SPクラス昇格の明確化
各クラスからの昇格を明文化すると共に、SP-EXPへの参戦を制限し名実共においての最高峰クラスとしました。

 

◻KIDS-Eクラスへ保護者参加可能に
昨年までの榛名様でのレース同様に、70ccでの参加を可能としました。

 

◻遠征割
昨年の最終戦にて行った遠征割のサービスを毎戦行う事としました。



などなどです。その他も多少変更や修正がありますので必ずご確認ください。
(よく『レギュレーションを知らなかった』という方がいますが、それは通用しません!)
今年はweb上でアンケートをせず、個別対応とさせていただきました。
(少数派意見のほうがweb上では大きくみられがちな為です)

1年間楽しいレースがご提供できるように桶川も頑張りますので
どうぞよろしくお願い致します。

 



レース当日にプログラムに挟んで配られる競技説明の書類です。
レース初めての方はぜひご一読ください。

旗の種類と説明、スタート方式、ペナルティについて
計測について諸注意


関東ロードミニ選手権に参加するには、以下のいずれかの保険に加入必須です。
第1戦には2016年度の保険(保証期間2016.4.1〜2017.3.31)の保険が必要です。
第2戦〜最終戦には2017年度の保険(保証期間2017.4.1〜2018.3.31)の保険が必要です。

新年度への更新は3月から更新申込み可能です。

 
当日では間に合いません。事前に加入手続きを済ませてくださいね!
◎桶川スポーツランドメインで他のライスポカップに参加予定が無い方→ 桶スポ安全保険がおすすめ
◎他コースのライスポカップに参戦予定がある方→ライスポメンバーズがおすすめ
◎桶スポ安全保険→最短申込翌日から保障開始
◎ライスポメンバーズ→最短申込1週間後から保障開始

 

pagetop